雇用形態でアイラッシュサロンを探す

「将来のことを考えて正社員」「時間の融通がきくアルバイト」などライフスタイルに合わせた雇用形態で探すこともできます。 その他、新卒や委託など、多様化した雇用形態もしっかりカバーしています!

条件を絞り込む
雇用形態         
勤務地   
路 線   
さらに条件を絞り込む
▼開く

 


正社員アイリスト求人のうまい探し方

正社員として働く事の利点として福利厚生の充実を期待されている方も多いと思います。保険の加入についての時期やタイミングについてサロンによって異なるので、確認しておくことが大切です。正社員として長く働く上で1年後、3年後、5年後どんなスキルアップが可能なのか、女性として結婚や出産などのターニングポイントを迎えた時、長く活躍できる環境があるのか?等をしっかり面接で確認する事で安心できるサロンを見つける事が出来るでしょう。

正社員で働くためのスキルや条件

ほとんどのサロンが長く働ける正社員として雇用を積極的に行っています。アイリストとして働くためには美容師免許が必須という条件はありますが、未経験者の募集も広く行われています。正社員として、働くには長く働く心構えが必要です。短期間で退社が決まっている場合は、きちんと面接時に申告をする事が必要です。

アルバイト・パートアイリストのうまい探し方

お休みの融通が利くようにアルバイト・パートとして働きたい方は、今働いている方の雇用形態を確認する事が大切です。自分のお休みと同じ希望を持っているスタッフさんが多い場合には融通が利きにくくなってしまいます。又、会社によっては希望休は何日までと決められていたり、決められたシフトに対しての変更が可能かどうかなどのサロンルールを事前確認する事で無理なく長く続けられる環境を見つけることが出来ると思います。

アルバイト・パートで働くためのスキルや条件

人手不足が続くアイリスト業界では、アルバイト・パートも多く求人が出ています。但し、多くのサロンが「扶養内」や「時短勤務」に関しては実務経験や即戦力を求められる事が多いです。理由として、即戦力で活躍できない方はデビューまでの教育時間が必要ですが、練習にかけられる時間も少しずつとなり、時間がかかってしまう事からです。他にも「夕方までしか働けない」「土日は働けない」などの条件が厳しくなると経験者でも難易度は高く、サロンが忙しい時に出勤できる方では、採用可能性が高くなります。

業務委託アイリストのうまい探し方

業務委託での勤務の場合、サロンによって固定費(家賃や光熱費等)や売り上げに対するバック率(お客様に頂いたお金からいくら自分の手元に入るのか)などルールが異なる事が多いのでしっかりと確認をすることが必要です。使う材料に関してもお店のものを使わせた頂けるのか、自分で用意をするのか等も違ってきます。今の自分の実力と指名のお客様の数等で実際に働いた時のシミュレーションを行いながら条件の場所を選ぶことが大切です。

業務委託で働くためのスキルや条件

業務委託は自分の努力が給与に反映するので、実力がついていなければ生活出来るだけの給与にならない事も。お店によっては実力が付いてから業務委託に変更できるところもあるので、自分の実力と相談しながら進めていく事が大切です。『あなたがいるから通っている』というお客様をどれだけ作れるかがカギ。将来、独立を目指している人には独立前に経営の訓練として経験しておくことをお勧めします。

キャリアアップストーリー

ケース1 アルバイトから

Aさんはアイリストの仕事は好きだけど、スタッフとの人間関係に悩んでお店を辞めてしまいました。新しい環境でアイリストとして働きたいけど、人間関係に少し不安を感じているようでした。そこで最初から正社員にならず、アルバイト雇用で入社後、少しずつお店の雰囲気やスタッフとコミュニケーションを重ねて不安が消えた時に正社員としての雇用に変更してもらいました。このように、アルバイトから入社してお店になれてから正社員として働くという考え方もあります。

ケース2 出産してから復帰

Bさんは正社員アイリストとて5年活躍後、出産。妊娠中もギリギリまでアイリストとして活躍後、産休に入りました。産休後は子育てと仕事を両立するためにアルバイトとして無理なく勤務。産休前に通ってくださっていたお客様も暖かく迎えてくれてとても充実しています。アイリストは女性の職場なので結婚、出産を迎えるスタッフも多いのですが、Bさんのように産休後に戻ってきてくれるスタッフを会社は歓迎しています。

ケース3 正社員から業務委託

Cさんは正社員アイリスト2年目。技術と接客が評判で予約は指名のお客様でほぼ埋まる状況にまで成長。今後独立したいという夢もあった事から業務委託という形に変更。自分の努力次第で給与が上がるのでさらに責任感が強くなり、お客様からの支持を集め給与もアップ。自分で休みや時間も組み立てられるので時間の余裕も確保出来たことや、独立に向けての心構えが出来てきたようです。

ケース4 FCとして独立

Dさんはアイリスト正社員として5年勤務後、勤務していたサロンのFCオーナーとして独立開業しました。腕には自信がありましたが、開業するための知識や経営ノウハウなどはがなく、不安も感じていたようですが、FCとして独立する事で、商材の発注や、求人採用、広告関係はじめ会社にサポート体制があり、不安なく取り組む事が出来たようです。施術者として活躍しながら自分のお店を持てて充実の毎日を過ごしています。