美容師からアイリストへの転職

以前は、アイリストとして特別な資格や免許を持たなくても、技術さえあればまつげのエクステやパーマなどを行うことができました。しかし現在では、厚生労働省の通達により美容師免許を取得した人しかアイリストとして施述はできません。逆に考えれば、すでに美容師免許を取得し美容師として働いている人がアイリストとしての転職・転身を目指すことは、比較的簡単であると言えるのです。

美容師からアイリストを目指す理由

美容師からアイリストへの転職・転身を目指す人が多い理由は、美容師資格を持っていて目指しやすいということのほかに、待遇などの条件が美容師より比較的良いことも挙げられます。収入面はもちろん、1人のお客様に集中して施述できること、座って作業できること、また美容師と違って手荒れの心配が少ないことなどもあるでしょう。

転職先で学ぶor養成講座に通う方法も

美容師資格を持っているからといって、すぐにアイリストとして活躍できるわけではありません。まつげのケアに関する専門知識と技術が必要です。転職先のサロンで研修を受けたりアシスタントとして経験を積んだりするか、あるいはアイリスト養成講座などのスクールに通うなどの努力も必要です。

 
1+

関連記事

バナー バナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る