アイリストのニーズや将来性

近年、まつげエクステ専門サロンの出店が増えています。関連商材に関するメーカーなども増え、マーケットは拡大しています。増え続けるサロンに対して不足しているのがアイリストです。飽和状態ともいわれる美容師と比べれば、アイリストのニーズは高まりを見せており、将来性の高い職種といっても過言ではないでしょう。

保存

技術力しだいで将来性もUP

アイリストは美容師資格を持っていなければなることができません。つまり、美容師プラスα、アイリストとしての専門知識が必要です。さらに、まつげエクステの需要が高まりをみせるなかで、サロン経営者はより安全面・衛生面で信頼性の高い技術を持つスペシャリストを求めています。それに応え得る技術と知識を持つアイリストになれれば、キャリアも収入もより一層上を目指すことができるでしょう。

将来は講師や開業というスタイルも

何歳までアイリストとして活躍できるのかという不安もあるでしょう。比較的新しい職業ということもあり、一昔前までは20代や30代が多かったといわれますが、現在はサロン勤務のほか、自分でサロンを開業したり、講師として活躍する40代以上の人も増えています。何歳までという年齢制限もなく、将来性の観点からみても確かな技術さえ持っていれば長く続けられる仕事といえそうです。

 
1+

関連記事

バナー バナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る