アイリストになるにはどうすればいい?

アイリストは、「まつ毛ケアのプロフェッショナル」としてお客様の目元を美しく演出する専門家です。おもに美容サロンやまつ毛専門店で、まつ毛を人工的に植毛するまつ毛エクステやまつ毛カール、まつ毛パーマなどをおこないます。以前は特別な資格を持たなくても施述できましたが、火傷や炎症などのトラブルが相次ぎ、平成20年より国家資格である美容師免許の取得が義務づけられました。アイリストを目指すには、美容師としてはもちろん、目や薬剤などに関わる幅広い知識とノウハウが必要です。

保存

現場で経験を積むのが一般的

アイリストになるには、美容師の専門学校で学び、美容師免許を取得するケースが多いでしょう。美容師免許もない未経験から目指すには、それなりの年月と費用が必要です。また、現状の多くの美容師専門学校では、ヘアメイクの勉強がメインとなります。そのため、未経験OKの専門店などに務めて経験を積むか、サロンなどで美容師としての仕事をこなしながら、アイリストとしての技術を磨くという方法が現実的と言えます。

美容師からの転身や将来は独立も

アイリストとしての知識と技術を専門的に学べるスクールへ通い、まつ毛専門店などへ就職するという目指し方もあります。アイリストは美容師と比べてまだ数が少なく、専門職として比較的収入も安定していることから、美容師からアイリストへ転身、転職をするという人も増えています。また、将来的には独立し、店舗や自宅などで自分のサロン持つことを目指すことも可能です。

 
1+

関連記事

バナー バナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る