持っていると有利なアイリスト資格

アイリストとして仕事をするには美容師免許の取得は必要不可欠です。しかし、美容師免許だけでは就職や転職を有利に進める武器にはなりません。たとえば自分の知識やスキルを証明する手段として、民間の団体が定めている資格を取得するというのも1つの方法です。

JLA技能検定「アイデザイナー技能検定」

アイリストを目指す上で認知度が高く、受験する人も多いのが、JLA(日本まつげエクステンション協会)が実施するアイデザイナー技能検定です。 JLA技能検定「アイデザイナー技能検定」アイデザイナー2級、トップアイデザイナー1級があり、それぞれ筆記と実技試験で合格を目指します。中にはこれらの資格の保有を採用の条件にしたり優遇したりするサロンもあるようです。

JEA技能検定「アイリスト技能検定」も

その他、JEA(日本アイリスト協会)が実施するアイリスト技能検定や、NEA(日本まつげエクステ協会)のプロアイリスト検定などもあります。エクステ専門店が増え、アイリスト不足とも言われていますが、その中でもより条件の良いところへ就職・転職をしたいと思うのであれば自身の努力は欠かせません。資格取得をすれば万事よし、というわけではもちろんありませんが、自分の実力をアピールする意味でも資格を持ってくことに損はないのではないでしょうか。

 
0

関連記事

バナー バナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る