アイリストの求人動向

アイリストが不足し、アイリストの求人も増加傾向にあると言われています。アイリストは国家資格である美容師免許を持っていなけば施術することはできませんが、まつげ専門サロンの数が急激に増える一方で、美容師資格の取得が可能な専門学校の新卒者の数は横ばいであることも大きな要因となっています。しかも、美容学校での勉強のメインは美容師のこと。サロンの数が増えても、アイリストとしてすぐに活躍出来るような人材の確保ができていないというのが実情のようです。また、アイリストのなり手はほぼ女性ですが、妊娠や結婚などのライフイベントによって一時的に仕事を辞める人が一定数いることも、人手不足の一因となっていると考えられます。

自分にあうサロンを選べるチャンス

マツエクサロンにとって、アイリストの確保は死活問題です。未経験であっても将来性のあるアイリストを確保するために、給与はもちろん、研修制度を手厚くするなど各社競うように好条件をそろえています。応募者にとってみれば、自分にあうサロンを選べる絶好の時期ともいえるでしょう。

未経験歓迎サロンも多数

美容師免許を持っていれば、未経験者を歓迎しているサロンもたくさんあります。サロン側にとって未経験者の採用はリスクが高いと思われがちですが、未経験である分一からサロン独自の方法をしっかり教えられるため、将来の幹部候補として見据えているケースも多いでしょう。給与をもらいながら研修を受け、半年もたたないうちにアイリストとしてデビューすることも可能です。

 
0

関連記事

バナー バナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る