給料は?待遇は?アイリストと美容師の違い

美容師とアイリストは同じ美容のお仕事ですが、仕事内容はもちろん、現状では働きやすさやお給料などの待遇にも違いがあると言われています。まず、働きやすさで比べてみましょう。美容師は立ち仕事が基本で、長時間労働が多いとされています。そのため、妊娠や出産を機に一度職を離れるという人も少なくないようです。一方でアイリストは基本、施術中は座っての仕事となります。美容師のように途中でアシスタントに交代するということはあまりないため、1対1でお客様に集中する必要はありますが、座っていられる分、足腰への負担は軽いと言えるでしょう。ただし、同じ姿勢で細かな施術に集中することで、目や肩が凝りやすいということはあるようです。

美容師よりアイリストの方が待遇は良い!?

待遇面ではどうでしょうか。もちろんサロンにもよりますが、初任給で比較してみると美容師が約16万円〜なのに対し、アイリストは約18万円〜とやや高い水準となっています。また、いずれも社員であれば社会保険や厚生年金などがあるのはもちろん、取得している技術や所有する資格によっては各種手当を用意しているサロンもあるようです。一スタッフからマネージャーや店長などの役職につけばその分給料にも反映されますが、その点アイリストとは美容師よりも比較的はやく一人前になれると言われています。個人差はありますが、スキル次第では収入アップを望みやすい仕事とも言えるでしょう。

 
0

関連記事

バナー バナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る