アイリストの採用面接に適した服装は?

初めてのアイリストの採用面接。スーツで行くべきか、私服でいくべきか、迷うところですよね。サロンによっても異なりますが、新卒でもない限り一般的には私服で問題ない場合が多いようです。ただし、いくら私服OKといってもジーンズや裸足にサンダルなど、あまりにカジュアルな格好で行くのはビジネスマナーとしてNG。さらに、接客業であるアイリストは業務上でも清潔感のある装いが求められます。面接時でも相手に不快感を与えない、落ち着きと清潔感のあるスタイルを心がけたいものです。

ポイントは「フォーマルな中にセンスがキラリ」

しかし、一方でアイリストは流行に敏感であることやセンスも求められます。そこでおすすめなのが、例えば襟付きのシャツにスカート、パンプスというフォーマルなスタイルに、さりげなく1つ自分らしさが光るものを身につけていくこと。ネックレスやイヤリングなどのアクセサリー、スカーフやベルトなどでも良いかもしれません。ただし、お客様の目元を扱う仕事なので、ネイルについてはあまり装飾が多いと懸念される可能性も。また、ヘアスタイルで個性を出すのも良いですが、あくまで清潔感は忘れずに。ヘアカラーもほどほどにしておいた方が良いかもしれません。

 
0

関連記事

バナー バナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る