アイリストが視力低下を防ぐために気をつけたいこと

長い時間集中して細かい作業を続けるアイリストは目の負担が大きく、視力低下に悩む人も多いよう。その原因の多くは「眼精疲労」と呼ばれるもの。常に近くの物を見ようとするアイリストの目は常に筋肉が緊張状態に。それが継続的に続くことで、疲れや老廃物がたまりやすく、なかなか解消できなくなってしまうのです。症状としては目が重く感じられたり、霞んで見えたり、まぶたが痙攣することもあり、さらには頭痛や肩こり、めまいや胃腸にまで影響を及ぼすことも。

眼精疲労のケア方法は?

基本は休息が大切です。できるだけスマホやパソコンなどの利用は避け、目をお休みさせましょう。血行を良くしたり緊張した筋肉をほぐすには、目元を温めると良いとされています。蒸しタオルやアイマスクなどを利用すると良いでしょう。しかし、炎症を伴う場合などは冷やした方がよいこともあり、注意が必要です。また、こめかみや眼頭などの目の周辺を優しくマッサージすると頭痛や目の疲れが緩和されることも。その他、目薬をさしたり、サプリメントや食事からの栄養補給などもあります。しかし、症状が辛い場合には我慢は禁物。悪化する前に眼科で診てもらうようにしましょう。

 
0

関連記事

バナー バナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る