セルフマツエクは危険?

アイリストを目指す人であれば、サロンでマツエクをしてもらったり、あるいは自分でするという人も多いかもしれません。自分でするセルフマツエクのメリットとしてはやっぱりお金がかからないことですよね。材料さえ用意すれば、あとは自分のテクニックのみ。今はセルフマツエク用のお試しキットなども売られ、ネットの動画などで簡単につけ方も知ることができ、手軽に試せるようになりました。

目を傷つけるリスクがあることを忘れずに

でも、言うまでもなく目元はとても繊細なもの。スクールなどでマツエクの技術を習得したり、以前サロンで働いていたという人であれば問題なさそうですが、心配なのはやっぱりマツエクの知識も技術もない初心者さんや、自己流の技術を過信している人。無理な施術は自分のまつげに負担がかかってしまうのはもちろん、目やまぶたを傷つけたり、薬品でかぶれるというリスクもあります。

他人にも施術できるレベルならセルフを

セルフエクステをするなら、つける技術だけでなく、使う薬剤のことや目についての知識も身につけるのは基本。他人に施術できるぐらいの知識・技術を持っているのであれば安心ですよね。目の損傷は取り返しがつきません。「安いし」「簡単そうだし」と安易に考えるのはちょっと危険といえそうです。

 
0

関連記事

バナー バナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る