アイリストの志望動機ってどう書く?

志望動機は「なぜアイリストになりたいと思ったのか」「なぜそのサロンを選んだのか」を相手にどう伝え、良い意味で記憶に残せるかがポイントです。「アイメイクが好きだから」「通勤に便利だから」などだけではオリジナリティがなく、面接官の印象には残りません。より具体的に、自分が体験してきたことや感じてきたことなどを踏まえて伝えられると良いようです。考えをまとめる際には「なぜアイリストでないとだめなのか」「なぜこのサロンでなければダメなのか」と考えを逆転してみると、意外と自分の気持ちが整理されることもありますよ。

美容師からの転身の場合は接客姿勢もPR要素に

また、新卒や異業種からアイリストを目指す場合と、美容師からアイリストへ転身したい場合、まアイリスト経験があって別のサロンに転職したい場合では、志望動機の内容も異なります。新卒・異業種の場合にはまだ実務経験がないので、学生時代に努力したことやアイリストを目指した理由をまとめます。美容師からの転身の場合には、美容師で得た経験や、接客に対する姿勢・ポリシーなどもアピールポイントになるでしょう。また、転職の場合にはアイリストとしての実務経験を伝えます。具体的に1日何人の施術を行い、何時間で何本程度の装着が可能なのか、自分の経験や能力を具体的な数字を踏まえて説明すると説得力があります。 状況にあわせた志望動機の書き方のコツをおさえて、自信を持って自分をPRしていきましょう。

 
0

関連記事

バナー バナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る