2017年下半期 マツエクトレンド予測

アイリストを目指すなら、マツエクトレンドの変化も気になるところですよね。2017年、注目を集めたのは極細エクステを使った3Dラッシュやボリュームラッシュと呼ばれるもの。0.07mmというとても細いエクステを付けることで、自まつ毛と違和感なくより自然に仕上げることができます。ナチュラル志向のメイクとのバランスも良く、下半期も継続して人気を集めそうです。そのほか、ブラウンのエクステを織り交ぜることで目元全体を優しい印象にするなど、カラーメニューを取り入れているサロンもあり、今後、サロンごとの特徴がより明確になってくるともいえそうです。

新しい技術の習得が常に求められるアイリスト

また、言うまでもなくまつげや目元になるべく負担をかけずにマツエクを楽しむ施術方法もどんどん開発されています。マツエク業界は、時代ごとのトレンドやお客様のニーズの変化によって新しい技術の習得が求められる厳しい世界でもあります。でもそれは、自分の技術や努力をアピールできるチャンスが多いという側面ももちあわせています。自分自身を成長させ、それをやりがいに感じることができる人であれば、大いに活躍できる職業だといえそうです。

 
0

関連記事

バナー バナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る