マツエクエデュケーターってどんな仕事?

つい最近、あるタレントさんが資格取得を目指すことを公表して話題となった「マツエクエデュケーター」。エデュケーターとは直訳すると教育者、専門家。つまり、まつ毛エクステのスペシャリストとして、マツエク技術の普及活動をしたり、技術者の養成を行う人のことをいいます。アイリストとしてお客様への施術をするのはもちろん、スクールの講師となったり、また自らスクールを開講し、経営者として活躍する人もいます。また、能力次第では商材メーカーなどとタイアップして、新技術や新商品などの開発分野で専門家としての知識やノウハウを発揮することもできるでしょう。

マツエクエデュケーターを目指すには?

マツエクエデュケーターを目指すには、スクールの専門コースで知識や技術を学び資格を取得するのが一般的です。現場をメインにしたアイリストとして仕事を続けていきたいのか、あるいは教育者としての知識や技術も学び、エデュケーターという新たな分野に進むのか。アイリスとして自分が将来どんなキャリアを描いていくかを考えることも、アイリストを目指す上で重要なポイントといえそうです。

 
1+

関連記事

バナー バナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る