アイリストを目指すために準備する道具

アイリストの仕事では、様々な専門道具やアイテムを使用します。まず、エクステには欠かせない人工まつ毛。種類も複数あり、代表的なものとして固めでゴージャスな印象のシルク、軽めで目元にしっかり密着するミンク、自然なまつ毛に近いセーブルがあります。お客様がどんな仕上がりを求めているか、長さやカールの度合いなどによっても何を選ぶかが変わるので、それぞれの特性を把握し、練習を重ねていくことは大切です。次に、人工まつ毛を装着する「グル―」と呼ばれる接着剤も欠かせません。こちらも種類によって特性がありますが、品質によっては刺激が強く目にしみてしまうものもあるので、十分な見極めが必要と言えるでしょう。

自分の使いやすいマイベストを探そう

その他、まつ毛を整える際に使用する「ツイーザー」や、薬剤などが目や肌に付着するのを防ぐための「サージカルテープ」、まつ毛エクステを取る際に利用する「リムーバー」なども必要です。また、アイリストを目指す上で重宝するのが専用マネキン。スクールでだけでなく自分で練習したいという場合には、ネットでも簡単に手にいれることができます。種類も価格も様々ですが、まずマネキンでしっかりと基本を学び、それから友達などにモデルを頼み練習を重ねていくのが一般的です。 効率的に技術を高めていくためには、自分が使いやすい道具を見つけるということも大切です。先輩などから情報収集してマイベストを探してみてはいかがでしょうか。

 
0

関連記事

バナー バナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る