まつげエクステサロンの開業に必要なお金はどれぐらい?

マツエクサロンを開業するには、場所はもちろん、使用する設備や商材、スタッフを雇うのであれば人件費も必要です。特に店舗を借りる場合には家賃の他に敷金礼金として、家賃の6ヶ月分から10ヶ月分を求められる場合が多く、注意が必要です。一方で自宅でサロンを開業する場合には店舗を借りるための費用はかかりません。ただし、自宅で開業するには決められた条件を満たさなければならず、基本的にはリビングなどの居住空間とサロンは分ける必要があります。また、水道設備も必要になるなど、場合によってはリフォームを検討しなければならないこともあります。

開業資金の目安は相場は100~300万円程度

設備については美容室より大掛かりなものは必要ありませんが、施術用のリクライニングベッドやデスク、チェア、鏡などの準備は最低限必要です。それら設備だけでも一般的には100万~200万程度はかかり、家賃や人件費、さらに顧客を得るための広告費などをあわせたら+100万、またはそれ以上のお金がかかると言えるでしょう。

売上計画、独立準備は入念に

すべての資金を自分で準備できない場合には、銀行などに融資を依頼することになります。そのためには信頼に足る事業計画は欠かせません。また晴れて開業後も、なるべく早く店を軌道にのせ、黒字化させていくことが必要です。独立成功は、しかるべき計画とそれに基づいた入念な準備にかかっているといっても過言ではないのです。

 
0

関連記事

バナー バナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る