アイリストが知っておきたいSNS宣伝のコツ

LINEやFacebook、Instagramなどが浸透し、情報発信ツールとして当たり前のようにSNSを活用するマツエクサロンやアイリストさんたちが増えました。しかし、ブログや画像を少し検索してみると、並んでいるのは似たような目元のクローズアップ写真ばかり・・・。これではちょっともったいないかもしれません。もちろん、マツエクの宣伝なのですから、まつ毛のクローズアップ写真は必要です。しかし、マツエクをしようかなと思う人、つまりお客様は、目元だけというよりは「顔全体の印象を魅力的にしたい」と思ってマツエクサロンを選ぶはず。一生懸命仕上げたせっかくのマツエクも、目元だけの写真ではその魅力をすべて伝え切れているとは言えないのです。

目元のクローズアップ+ちょっと引いた顔の写真も追加して

では、どんな写真が良いのか。もちろん目元を大きくクローズアップした仕上がり画像も必要なのですが、せっかくならビフォー・アフターが比べられるような写真、さらに顔全体が映った写真も掲載できると、華やかさやスタイリッシュさなどマツエクを施したことによる全体としての印象の変化を伝えることができます。 つまり、SNSの写真で1番大切なのは、お客様が知りたいと思っている「マツエクをつけたことによる変化」が目に見えてわかること。そんなお客様目線を忘れずにSNSを活用してみてはいかがでしょうか。

 
0

関連記事

バナー バナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る