マツエクをスマホで綺麗に撮るには?

アイリストにとってサロン宣伝に欠かせないのがマツエク写真。でも、綺麗に仕上がったマツエクも、ピンボケやブレてしまっては勿体無いですよね。通常カメラは被写体と近づき過ぎるとピントが合いません。それはスマホも同じ。まつ毛というパーツ撮影となるとついつい近づきたくなりますが、少なくとも拳1つ分程度の距離は保って撮影するのがポイントです。また、標準カメラアプリでは画面をタップするとピントを合わせるための枠が出てくるので、それを活用しない手はありません。同時に出てくる太陽マークで明るさの調整もすると、より綺麗な仕上がりになりますよ。

スマホはしっかりホールドして手ブレを防止

基本とはいえ、とても重要なのが撮影するときのスマホの持ち方。シャッターを押すときの微妙な揺れは手ブレの最大の要因です。撮影するときはしっかり脇をしめ、シャッターを押さない方の手で包むようにスマホを支えるようにします。できれば肘や腕を壁やテーブルなどどこかに固定できるとブレずに撮影しやすくなります。

プロカメラマンによるセミナーも

もっと上手に撮りたい!というのであれば、カメラマンが開催しているスマホセミナーなどもあるようです。費用はかかりますが、自分では知り得なかったノウハウを知ることができ、結果的にサロンの宣伝効果も上がるのであれば、それだけの価値があるともいえるかもしれません。 宣伝材料として大きな影響力を持つ写真。なにはともあれ、1枚1枚自分なりにでも工夫しながら撮るのが腕を磨く1番の近道ともいえそうです。

 
0

関連記事

バナー バナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る