高価格なラグジュアリー系マツエクサロンで働く上での心構えは?

スピード重視のマツエクサロンがある一方で、1人1人の時間をたっぷりとるマツエクサロンもあります。完全個室が完備されていたり、中にはリゾートホテルさながらのお部屋に心地よい香りと音楽、そしてウェルカムハーブティーが用意され、広いベッドでゆったりと施術をする、なんていうサロンもあるようです。

アイリストとしての技術はもちろん、高い接客力が不可欠

そんなラグジュアリーなサロンの多くはメニューの料金も比較的高く設定されています。1人1人のお客さまとじっくり向き合うため、カウンセリングや施術時間も長めに設定されているところが多いでしょう。つまり、そこで働くアイリストは技術はもちろんのこと、お客さまの満足度を高めるきめ細やかな接客力が求められると言うこと。もちろん入社後にしっかりとした研修をしてくれるサロンもありますが、最も大切なのはおもてなしの心を持っているかどうか。技術という面ばかりでなく、接客・サービス業としてアイリストの仕事に魅力を感じている人に向いていると言えるでしょう。

 
0

関連記事

バナー バナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る