まつエク専門店と美容室との違い

アイリストとして働くには、まつげエクステ等のメニューのある美容室や美容サロンに勤めるか、まつげエクステの専門店で働くかが一般的な道です。専門店で働くことのメリットとしては、美容室やサロンより施述メニューが多いことが多く、アイリストとしての技術を高めやすい環境にあるといえます。また、機材や機器などの設備が充実していたり、美容室より静かで落ち着いた空間のなか集中して施述ができることもメリットといえるでしょう。

保存

保存

保存

美容室で働くことのメリット

一方で美容室では、アイリスト専門スタッフとして働く他に、美容師としての傍ら、お客様が入ったときにアイリストとしての仕事をするというケースもあります。アイリストだけでなく、美容師としてのキャリアやスキルも維持したいということであれば、専門店でなく美容室やサロンで働く方が良いといえるでしょう。

マツエク専門店の方が条件が良い?

アイリストとしての道を極めたいと考えている場合は、やはり専門店で仕事をする方が条件面では良い場合が多いようです。美容室の場合は店長などの管理職にはやはり美容師がなり、アイリストがそうなるケースは稀です。その点、まつげエクステ等の専門店であれば、アイリストとして管理職を目指すことができ、それに応じて収入アップも狙うことができるのです。

 
0

関連記事

バナー バナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る