アイリストに向いている人とは?

アイリストを目指すうえで、自分がアイリストに向いているか、その向き不向きも気になるところですよね。アイリストに向いている人とは一体どういう人なのでしょうか。アイリストの適正について考えてみましょう。

保存

保存

保存

保存

流行を敏感にキャッチできる感性

アイメイクはもちろん、女性の美容に対する流行は季節や時期によってめまぐるしく変わります。アイリストはこのような流行を敏感にキャッチし、最先端の技術やノウハウを取り入れられることが必要になります。美容やファッションが好きという気持ちはもちろん、常に流行にアンテナをはっていられる人が向いているといえるでしょう。

手先が器用

まつげエクステの施述は、ピンセットを使い分けながら人口まつげを1本1本つけてく、とても細かい作業です。仕上がりを綺麗にすることはもちろん、皮膚や目を傷つけないよう細心の注意を払うことも必要になります。アイリストになるには、手先の器用さや集中力があることは必須条件といえそうです。   また、アイリストは施述だけでなく、お客様の希望や悩みをヒヤリングするカウンセリングも大切な仕事です。接客が好きで、お客様の声にしっかりと耳を傾け、要望を形にするためのコミュニケーション能力がある人も、アイリストに向いているといえます。

 
0

関連記事

バナー バナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る